あのプロも使ってる!スポーツの効果を上げるためにサプリは必須

「ダイエットしたい」「健康のために続けたい」「カッコイイ体をつくりたい」目的はそれぞれですが、スポーツの効果を上げるためは、栄養との関係は無視できません。

アスリートたちは、オフシーズンでも専属の栄養士がついているほど、栄養管理を重要視しています。試合前・試合後の食事も、シリーズの成績に関わってくるからです。目的にあった栄養を補給すると、スポーツで発揮するパフォーマンスが違ってきます。今回は、スポーツの効果をアップするサプリメントをご紹介します。

スポーツ前には、エネルギー不足にならないために栄養補給が大切です。私たちの体を作っている「アミノ酸」を事前に摂っておくと、体力や筋力の向上、脂肪燃焼効果、瞬発力や集中力アップに役立ちます。

ランニングやジョギングなどの前には、ブドウ糖が効果的だと言われていますが、近年では、持久系アミノ酸の「BCAA」を摂ることも推奨されています。BCAAとは、必須アミノ酸であるバリン、ロイシン、イソロイシンのことです。

ランニングなどの持久運動には、糖質や脂肪、血液中のBCAAがエネルギー源になります。それらがなくなってしまうと、自分の筋肉を構成しているBCAAを、そのままエネルギーにしてしまうため、この状態が続くと筋肉は損傷し、筋力の低下を招いてしまうのです。

BCAAは、魚類、肉類、卵、母乳などに多く含まれていますが、最近はドリンクタイプや、パウダータイプのサプリメントもありますので、場合に応じて摂取することができます。

スポーツの後には、疲労回復するための栄養が必要です。「クエン酸」は、レモンなどの柑橘類や梅干しに含まれる酸味成分で、疲労回復効果のあることが広く知られていますが、体内で摂取した脂肪や乳酸を分解して、エネルギーに変換する「クエン酸サイクル」にも重要な役割を果たしています。

スポーツで疲れた時にクエン酸を摂取すると、体内でクエン酸サイクルが活性化して、またエネルギーが作り出されるので、疲労回復に役立ちます。

ダイエットしたい人には、スポーツで効率よく脂肪を燃焼させる栄養素が必要です。筋肉を構成するアミノ酸は、脂肪燃焼に不可欠ですが、その他に「Lカルニチン」「αリポ酸」を摂取すると効果が高まります。

Lカルニチンは、脂肪を代謝するために欠かせない成分であり、αリポ酸には、ブドウ糖や過剰な中性脂肪をエネルギーに変換し、代謝のカギであるビタミンB群の働きを助ける働きがあります。この働きによって、タンパク質、炭水化物、脂肪のエネルギー代謝を促進する効果があるのです。

加齢による筋肉量の減少を防いだり、筋肉をつけたい人には、「クレアチン」「プロテイン」が効果的です。クレアチンは、筋肉を増やす働きのあるタンパク質の一種で、オリンピック選手も常用しています。食後や、スポーツの前後に水分と一緒に摂取すると効果的です。

とにかく筋肉量をアップしたい人には、プロテインが最適です。最も効果があるのは、プロテイン濃度の高い動物性プロテインです。摂取のタイミングは、トレーニングの後や就寝前です。また、筋肉を増やす効果や、筋肉を減少させない働きのあるBCAAも効果があります。

いかがでしたか?健康には運動は不可欠です。サプリメントの選び方や、飲むタイミングで、スポーツのパフォーマンスを上げたり、脂肪燃焼効果などが期待できます。スポーツを楽しんで、元気な毎日を過ごしましょう。