賢く活用するために!知っておくべき目的・製法別サプリの種類

近年、ドラッグストアやコンビニ、ネットストアで販売されているサプリメントは種類も品数も非常に多いですよね。形状別に見ても、従来の錠剤やカプセルではなく、粉末やチュアブル、ドリンクなど様々なタイプが存在します。何を買えばいいのか迷ってしまう人が多いのではないでしょうか?

しかし、目的や役割で見ると3種類に分けることができます。「ベース・サプリメント」「ヘルス・サプリメント」「オプショナル・サプリメント」の3つです。

ベース・サプリメントは、体の基礎をつくるために必要な栄養素のサプリメントです。ビタミン、ミネラル、アミノ酸など、本来なら食品から摂るべき栄養素を補う目的で作られています。3つの中で、最も重要且つ安全性の高いもので、サプリメント本来の働きに一番近いものだといえます。

ヘルス・サプリメントは、体の機能を維持しながら、健康を増進させることを目的に作られており、免疫力、抗酸化力などを高める成分が含まれています。

ビタミンやミネラルのような栄養成分ではなく、製品そのものを指す場合が多く、昔から体に良いとされているものです。青汁、黒酢、イソフラボン、ローヤルゼリーなどがこのサプリメントに含まれます。

オプショナル・サプリメントは、体調や症状の緩和・改善のために作られたサプリメントです。イチョウ葉エキスやサルビアなど、主にハーブや薬草類などを原材料とすることが多く、治療薬として処方されるものもあります。

医薬品に最も近い効果があるので、不用意に摂取すると危険性を伴うこともあります。使用の際は専門家に相談した方が安全でしょう。

サプリメントは毎日飲むものですので、価格と安全性も大切です。これに関わってくるのが製法です。サプリメントは、製法別に見ると大きく2つの種類に分けられます。天然素材で作られた天然サプリメントと、石油合成物で作られた化学合成サプリメントです。

化学合成サプリメントは低コストで製造できるため、多くのメーカーが製造・販売しており、価格も安いので簡単に手に入れることができます。しかし、配合された栄養素は天然サプリメントと同じでも、体内での働きは著しく落ちます。

天然サプリメントは確かに体に良いのですが、天然100%のサプリメントを製造するのは、技術的に極めて難しいと言われています。

サプリメントの成分であるビタミンやミネラル、酵素は熱に弱く、高温になると破壊されてしまいます。そのため、たとえ良質な天然素材を原料にしても、成形のための加熱処理の段階で栄養素は大幅に減ってしまうのです。

最近よく聞く「低温製法」や「コールドプロセス製法(低温処理製法)」というのは、低温でゆっくり加熱しながら成形することで栄養素を破壊しない製法です。

しかし、コストがかかってしまうため、価格が高く非常に商品数が少ないのが現状です。
そこでお薦めしたいのが、天然素材を利用して化学合成したサプリメントです。天然成分を使用しているので比較的効果は高く、天然100%のサプリメントより価格も手頃です。

いかがですか?一口にサプリメントといっても、目的別、製法別に様々な種類に分類されています。サプリメントを賢く、効果的に活用するには、このような種類の違いを理解して、自分に合ったものを見つけることが大切なのです。